手荒れの季節

少しずつ寒くなるこの季節、ちょっと油断すると手が荒れます。
洗剤を使ってお風呂や洗面台の掃除をする時も、庭で草むしりをする時も、必ず手袋をしていますが、気が付くと手の甲が赤く腫れてかゆみが出たり、時には水泡ができていたりします。

20代、30代の頃はそんなことはありませんでしたが、やはり年齢とともに皮膚が弱くなってくるようです。特に朝夕の気温差が激しくなってくる時期に注意したいのは、しもやけです。
キッチンで食器などを洗った後すぐに手を拭かないと、あっという間に指先が赤くなってきます。この痛いような痒いような感覚は、結構つらいものがありますが、ひどくならないように自分で注意するしかなさそうです。

これから気温がさらに下がると同時に空気が乾燥してくると、爪の横が割れたり、手のあちこちに皸(あかぎれ)の症状が出てきます。
今のうちからハンドクリームや軟膏などを用意しておき、万全の対策をとらなければ・・・と思っています。