大型台風が去って行ったけれど

経験したことのないような大雨をもたらした台風18号。
昨日から荒れ模様だった関東地方は、やっと落ち着きを取り戻しましたが、まだ東北地方や北海道は影響が残りそうです。
わが家では、緑のカーテンとして作ったゴーヤの棚が風に煽られ、今にも倒れそうになりましたが、何とか持ちこたえたようです。葉っぱも黄色がかってきて、全体に弱っている感じですが、台風にも負けなかったところに感動。植物の強さを感じました。
それにしても、最近は本当に気象の変化が激しいような気がします。今年はもう次の台風が来ないことを祈らずにいられません。

夏らしくない夏・・・

今年もついに8月になってしまいましたが、このところ雨が降ったり、曇ったりと、まるで梅雨のようなお天気が続いています。
あの猛暑に比べると過ごしやすいものの、日照不足で稲や野菜が順調に育ってくれるかが心配です。水不足は何とか解消に向かっているそうですが、地域により集中豪雨のところもあるようです。
極端過ぎる今年の夏のお天気。
やはり、夏は夏らしくあって欲しいですね。

青ジソと冷奴

暑くて食欲のない日は、冷奴がおすすめです。
冷蔵庫から出して器に盛って、そこに青ジソの千切りとおろし生姜をひとつまみのせます。
白とグリーンのコントラストが涼しそうで食が進みます。
ところで、青ジソや生姜などの薬味には、殺菌効果や防腐効果などがあるので、添えておくだけでも食中毒予防になるそうです。
わが家では、プランターに種をまいて育てた青ジソが数本、葉をつけてきました。これからの暑い季節に活躍してくれそうです。

今年のトマトはなぜか小さい

近くの直売所で毎年トマトを買っていますが、今年のトマトはなぜか小さい気がします。
5月の頃は、まだ十分に育っていないのかな・・・と思っていましたが、6月になってもやっぱり小さいものが多いのは不思議です。
一袋500円の中に、トマトの数はたくさん入っています。
味はいつもと同じでおいしいのですが、時には大きなトマトを思いっきり食べてみたいなんて思っています。5月は、初夏にしては寒い日も多かったので、気温の影響もあるのでしょうか。
7月、8月に出回るトマトに期待です。

ひょっとして空梅雨?

数日前に気象庁から関東地方の梅雨入りが宣言されましたが、なぜかその後雨が降らない状態が続いています。
昨年に比べ雷も少ないような気がしましたが、これからが夏本番となるので、まだまだわかりません。
どしゃぶりの雨は困りますが、あまりにも少雨だと作物への影響が心配です。
やはり梅雨の季節は梅雨らしくあって欲しいですね。たっぷりと地面に浸み込んだ雨が多くの植物を育てています。
雨の中に咲くあじさいや、バラの花も生き生きとしていてとてもきれいです。


野菜苗の生育遅れ

4月から5月初めにかけて、気温の低い日が多かった影響か、今年は種から育てた野菜の苗がまだ小さいままです。いつもならゴールデンウィーク中に家族で庭の片隅の畑ににきゅうりやナス、トマトの苗を植えますが今年は小さすぎてできませんでした。
このまま低気温が続くのかと思っていたところ、今日は一転して28度という高気温に・・・。
野菜の苗も心なしか急に伸びたようです。
気温の寒暖差が激しいと人間も体調管理が大変ですが、植物も大変そうです。実がなるのは少し遅れてもこのまま順調に育ってくれたら・・・と祈るような気持ちです。

爆弾低気圧に備えよう

明日から明後日にかけて、昨年の4月3日から5日にかけて日本列島に大きな被害をもたらした「爆弾低気圧」が再び襲って来るとのニュースがありました。
最大瞬間風速30mから40mと予想されており、まるで台風並みの風の強さです。幸いにも土曜日と日曜日なので、学校や会社はお休みのところが多いようですが・・・。
それでもやはり強風は怖い。明日は早めに強風対策をしておいたほうが良さそうです。
桜の花は、満開の時期は過ぎましたがそれでもまだ8割くらいは咲いています。
この桜も全部、散ってしまうのではないかと心配。
爆弾低気圧なんてものが来て欲しくはありませんが、せめて日本列島から少しでもそれて欲しいですね。