百日草とアスターの種まき

桜が満開ですが、我が家の庭では、チューリップやムスカリ、水仙、パンジーなどが咲き始めました。
冬の間は殺風景な庭でしたが、春の訪れとともにとてもにぎやかになります。
そして、今日は夏から秋に咲く花として、百日草とアスターの種をまきました。昨年もこの2種の花は暑い季節の切花として大活躍してくれました。

特に百日草は、その名の通り次から次へと花を咲かせ続け、何と秋彼岸の頃まで楽しむことができました。
現在は品種改良も進み、色々な種類のものが出回っています。
我が家にとっては、夏から秋の庭を彩る花として欠かせないものになってきました。